男性ならではの生きづらさと戦う主人公を

男性ならではの生きづらさと戦う主人公を描く。今回は、母目線で観てしまいそう。まだウチの息子は小4だけど。